共同研究開発

埼玉医科大学国際医療センター
埼玉医科大学国際医療センター リハビリテーションセンター
MAIR-unibo
AI搭載コミュニケーションロボット
共同開発の経緯
埼玉県振興公社、ニーズマッチングにて、運動呼吸器リハビリテーション科 教授 高橋先生と、
脳血管内治療科 教授 神山先生より、「急性期患者の意識発語等の回復訓練と評価分析を支援するAIロボット」の必要性について発表がありました。当社も医療ロボットを検討していたことから、埼玉県の支援を受けながら開発をしています。
MAIR-unibo
詳細はこちら

共同研究開発機関の一覧へ

共同研究開発

埼玉医科大学国際医療センター

MAIR-unibo
AI搭載コミュニケーションロボット
共同開発の経緯
埼玉県振興公社、ニーズマッチングにて、運動呼吸器リハビリテーション科 教授 高橋先生と、脳血管内治療科 教授 神山先生より、「急性期患者の意識発語等の回復訓練と評価分析を支援するAIロボット」の必要性について発表がありました。当社も医療ロボットを検討していたことから、埼玉県の支援を受けながら開発をしています。
MAIR-unibo
詳細はこちら

共同研究開発機関の一覧へ